★7覚醒とスーパートラストマスターについて

スポンサーリンク

今回はかなり衝撃的だった★7覚醒とスーパートラストマスターの仕様についての個人的な見解になります。

★7覚醒に★5排出の同キャラが2体、スーパートラストマスターについては同キャラ6体が必要な仕様についてですが重課金者にとってはすぐにでも楽しめますが、無課金者や微課金者にとっては★7覚醒が精一杯な感じです。

スーパートラストマスターについてはたぶんトラマラやチョコボでは上がらないような仕様になると思うのでほぼ取るのが不可能な感じですが、2年前の初期のトラストマスターもそのような感じでしたのでおいおい緩和されていくのではないかと思います。

僕も今でこそ真降臨や十二武具などを実装初期でも倒すことは可能ですが、アイガイオン実装当時くらいはまだキャラが揃っていなく倒せなかったですし、トラストマスターについてもチケットや半額ガチャでコツコツ引いて5体揃ったキャラからマラソンをしたり、チョコボ実装や絆ガチャで大分緩和されたのでたくさん入手することが可能になっています。

スーパートラストマスターについてもライトニングのオメガウェポンですが、攻撃力がかなり高いと予想される上にライトニング装備時に閃光の騎士というトラストアビリティが解放されるようです。

絶影の攻撃力アップは魅力ですけど、パッシブの攻撃80%アップは正直そこまで魅力的には感じませんね。★7覚醒で素のパッシブも上昇するでしょうし、それに+80%されても上限300%という壁は存在するのでLB上昇や耐久力を上げていくようには出来ますけど攻撃力の数値についてはそこまで代わり映えしないのかと思います。現状でもレーゲンのようなキャラならパッシブで攻撃100%ありますので極意を4つ装備で簡単に上限の300%になってしまいます。そして今は不具合で中止されていますが武器強化イベントでも攻撃力アップを付けれるので更にハードルは下がりますので普通のにとうりゅう仕様のキャラならそこまで必要性を感じないと思います。

逆にいえばりょうてもちや物魔複合系のキャラにとっては火力を大幅に上げられるチャンスでもあるのかなと。イカサマティーダならアビリティはバスターフォーム2つに質実剛健などの40%アビリティ2つという構成ですので300%まではかなりの余力を残していますし、物魔複合キャラも攻撃も魔力も両方上げる必要があるのでエクシードリング2つとクンシラのトラマス4つとかがなければ300%まで余力があるのでこういったキャラにとってはスーパートラストマスターのメリットは大きいと思います。まだ他キャラのスーパートラストマスターについての詳細は不明なので必ずしもそうだとは限りませんけど…ライトニングについても絶影のダメージ倍率がどれだけ変わるのかによっても変わりますけどね…

とりあえずトラストマスターについても1年、2年とかけてここまで緩和されてきましたので、スーパートラストマスターについては取れないものと考えておけばいいのではと…逆にこれまであまりうれしくない★5キャラが出たり、被って残念だったキャラも★7覚醒で化けるチャンスもありますからそれに期待してみる方がいいと思います。

正直な話、好きなキャラを強くするというのはもうそのキャラが★5で登場しない限りは不可能ということですね。各ナンバリングの主要キャラを★5で登場させていけばどんどんと闇鍋の中身が多くなって確率も低くなっていく悪循環にも思えますけど…しかし初期から比べればこの2年で大分面白くもなってきているのでしばらくこの仕様で遊んでみるのも悪くはないのかなと思います。


にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク