オーディオについてのあれこれ

2018年1月10日

スポンサーリンク

昨年はスピーカーはPARC AudioのDCU-F124W、アンプがFX-AUDIO- FX202J、DACがFX-AUDIO- DAC-X6J、真空管アンプがFX-AUDIO- TUBE-01Jと揃えましたが、部屋の模様替えに伴い現在は置き場所がなくなっている状況です。

だというのに…昔欲しかったDCU-F122Wの後継のDCU-F125Wが発売されたということで新年早々に購入してしまいました。こちらはバックロードホーン専用の設計になっているようで入れ物も用意する必要があるのですけど、これも置き場所どうするんだ…

今現在は10数年前のコンポを使用していますが、適当なアンプを購入してそれの代替えにしようかと考えています。テレビ周りもあまりスペースがないのですけどね…その第一候補がPioneer XC-HM86です。そこそこのお値段で近頃必要な機能が網羅されているのでいいかなっと…高級機に比べれば性能は劣るのでしょうけど、1万もしない中華アンプよりはいいとは思うので…

他にもAVアンプでもとりあえずとりあえずは鳴らせるのでこちらも考えています。眠らせたままの波動スピーカーをサラウンドに使うことも出来ますし、スピーカーもオーディオとシアターで使い分ける必要もなくなるので楽なんですよ。

両方購入しても6万くらいなので金銭的にはそこまで負担になりませんけど、置き場所と重量がネックに…

DCU-F125Wの入れ物は色々とエンクロージャーがありますが、ハセヒロのMM-151STが第一候補かな?ちょっとお値段張るので少し考え中…ヤフオクに出品されているハンドメイドのバックロードホーンエンクロージャーが半額くらいで買えるのでそちらも検討中です。でもだいたいがフォクテクスのユニットに適している箱っぽいので…DCU-F122Wの専用エンクロージャーもあるみたいなのでDCU-F125W専用もその内発売されるかもなので少し様子見になるか…


にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク