八甲田食堂part2

2018年7月31日

スポンサーリンク

昨年弘前に石山勇人さんが手掛けたラーメン屋『八甲田食堂』ですが、あれから何度か通い様々なラーメンを食べてまいりました。オープン当時のように味がぶれることはなく現在はちょうどいい塩梅で毎回スープを飲み干してしまい塩分の取りすぎで不安になるくらいです。

煮干しラーメン

味噌煮干しラーメン

醤油ラーメン(現在メニューになくなった?)

豚骨ラーメン

初期の煮干しラーメンや煮干し味噌、シャモロックを煮出した醤油ラーメン、こっちではめずらしい豚骨ラーメンと様々な種類のメニューがあります。

正直な感想としましては、豚骨ラーメンはちょっと想像と違うというか…以外にさっぱりしてて食べやすいですがパンチがなくリピートはしないかな?僕の舌に合わないだけなのかもしれませんけどイマイチでした。

個人的なおすすめとしては、味噌煮干しになります。他店も煮干し系はほぼ醤油で味噌は初めてでしたがこれがかなりマッチしています。最初に煮干しの風味が口に広がり、徐々に味噌の甘さが感じられるような…煮干し系はどこも似通った味になりがちですが、この味噌煮干しは他店では味わえないおいしさです。

もちろん通常の煮干しラーメンも煮干しがガツンとくる感じではなく上品にというかマイルドにというか徐々に口に広がっていくような感じです。それでいて食後はかなりお口の中がニボニボしい感じになるので似ていると思っていた十兵衛の特濃醤油よりもニボニボ感が強いと思われます。

そしてシャモロックを煮出した醤油ラーメンは現在はメニューから消えていて煮干しラーメンのあっさりになっていたのでもう食べられないかも知れません。のでその前に食せただけラッキーかな?感じとしては田沢食堂やマル金の中華そばに近いです。このジャンルは個人的に田沢食堂の中華そばがコスパ高すぎでおいしいので1度で満足しました。煮干し系とは別でスープも作らないといけないと思うのでその辺のコスト的な兼ね合いでお蔵入りになったのかも知れませんね。(まだあったらごめんなさい)

ということでまだしじみラーメンが残っていますが、やはり煮干しか味噌煮干しがおすすめになります。特に味噌煮干しは個人的に最強だと思っていただるまやラーメンに匹敵するくらい気に入りましたよ。
他にも唐揚げや焼き肉定食を単品で頼むこともことが出来るようです。つがる鶏の唐揚げが単品200円、水木精肉店のサガリが300円か…ラーメンにライスに単品を頼んでも1000円くらいになりますがたぶんお腹いっぱいになりすぎると思います。ライスは付けない方がいいのか…まぁ機会があったら食べてみたいと思います。


にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク