パソコン組み立て(完成編)

2019年10月6日

スポンサーリンク

とりあえず動作は問題ない自作パソコンですが、追加で購入していたものが届きました。

オーディオパソコン用の無線キーボードに4TほHDDと960GBのSSDになります。ほかにもSATAの電源延長ケーブルや4ピンのケースファンの電源の分岐ケーブルなども購入してあります。CPUとかGPUの電源のスリーブケーブルは2980円くらいで購入済みだったんですけど他のは実際に配線してみて綺麗にするために購入したものになります。
あとSSDはパソコンには組み込まずにPS4proに搭載予定です。オーディオ用に購入したケースが以外に光学ドライブとかHDDとかSSDが1個ずつ搭載出来ちゃったので…しかしケースファンを3個で1000円くらいのを付けたんですが結構煩い…これはまた別記事にします。
そんなこんなで初めて綺麗に裏配線していきたいと思います。

表の方はドライブに電源が伸びたのと、4TのHDDが追加されただけになります。下に余ったケーブルをまとめた以外は割と綺麗に見えるんじゃないかな?スリーブケーブルもきれいに揃えるホルダーみたいなのが付いていましたがそこまで求めないので付けてはいません。裏は…結構ごちゃごちゃしていますね。まぁ見えないので邪魔にならないようにまとめただけです。3.5インチの後ろの配線をどうにかしたいけどまぁ仕方がない…ケースにもフロントファンを銃声のを1個追加しました。CPUクーラーをトップフローの超天に変更したのも発熱が心配のNVMeのSSDの冷却のためでもあります。Steel Legend純正のヒートシンクの効果も相まってDiskMarkを行っても50度ちょっとという結果です。ので効果はあるのかな?シネベンチとかFF15ベンチとかも回しましたが結果はネットにあふれている結果と同じですがグラボが74度まであがって少し心配です。普段は負荷かけないけどね…CPUは60度いかないので問題はなさそうです。結果が分かりきっていますが新旧で数値の比較くらいはしておくかも…

そして仮に設置してあるモニターですがかなり綺麗です。

YouTubeで4k動画を見ましたが奥行きというか別次元って感じです。作業領域的にはスケールを推奨の150%に設定していますのでWQHDモニターとそこまで大差ないかもですが、映像は圧倒的だと思います。(WQHDモニターで4k動画見たことないけど…)
Amazonプライムなどでも4k動画がありますのでその市町にも最適です。少しViewSonicのWQHDモニターと迷いました…価格コム大賞でIPS液晶だったので…でも4kではなくWQHDだったのでその点が躊躇した理由ですね。これからは4kの時代なので買うなら4kかなと思いまして…ゲームするならWQHDくらいまでが最適なんでしょうけどマルチメディア主体の使い方なので買って良かったと思っています。あとは5年くらい使っているiiyamaのモニター(ProLite XU2390HS)をアームで縦置きに設置して完成の予定です。とりあえず仮設置の4kモニター1枚で問題ないので週末かな?とりあえずオーディオ用パソコンを完成させねばね。


にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク